1. トップページ
  2. プロフィール
  3. スケジュール
  4. ディスコグラフィー
  5. ブログ
  6. お問い合わせ

記事一覧

オーデマピゲがパープルダイヤル、バゲットダイヤ入りの「ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー」を発表!
by THE SPYMAKER  

オーデマピゲ スーパーコピー 代金引換がパープルダイヤル、バゲットダイヤ入りの「ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー」を発表!ボクはこれから高級機械式腕時計は「宝飾系」にシフトすると予測。

スーパーコピー 代引き

希少性を維持し、かつ利益総額を向上させるには、もっとも利益率の高い「貴金属、宝飾系」に乗り出すしかない。

すでにその流れははじまっている

さて、価格高騰が続く腕時計業界ですが、その方向は現在「宝飾腕時計」へと向かっているように見えます。

この傾向は半ば「必然」とも言えるもので、なぜかというと「高級腕時計は大量に生産すると価値が下がり、しかし営利企業である以上利益を稼がないとならず、この問題をクリアするのが宝飾腕時計のような高額(高単価・高利益)商品だから」。

ただし高い製品を作ればなんでも売れるというわけではなく、そこにはブランド力が伴う必要があり、よって現在ロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲなど高いブランド力を持つ腕時計ブランドの主力はステンレスから貴金属へ、そして宝飾腕時計へと移っているように思われます。

かつては男性用腕時計では宝飾腕時計なぞ「もってのほか」だったが

なお、機械式腕時計ファンのほとんどはその腕時計の評価を「ムーブメント」で決めており、自社製(マニファクチュール)でないとダメだとか、どの複雑機構がどうといった機能面で評価していて、よって「貴金属」「宝石」といった、機械的な性能に無関係なところにお金をかけて高価になってしまった腕時計は「邪道」とされていたわけですね(腐食しないという理由や、慣性を利用するため巻き上げ用ローターに比重の重い金を使用するといった、構造的機能的メリットがある場合は例外であるが)。

スーパーコピー 代引き

そのため、ロレックス・デイトナにおいても、コンビモデルやダイヤ入りモデル、金無垢モデルが店頭で購入できる時代、セカンダリーマーケットで「定価割れ」だった時代が長く続いていたものの、今ではそれも「過去の話」となっていて、それは金無垢ゴールドダイヤルやアイスブルーのプレミア価格を見てもわかるとおりであり(ある程度恣意的に相場をコントロールしているはずだ)、とにかく腕時計メーカーは高価格モデルに重心をシフトしているのは間違いなく、そしてその手段が「貴金属」「宝石」ということに。

なお、貴金属や宝石を高価格のために手段として用いるのは「ムーブメントの高性能化・高付加価値化」には限界があるためで、ミニッツリピーターやトゥールビヨン、永久カレンダーを搭載したとしても、それだけで「何千万も」の価格を提示することは難しく、しかし貴金属+宝石だと容易に何千万のプライスタグを掲げることが可能であり、かつ「製造が容易」というメリットも存在するわけですね。※リシャール・ミルのような、素材や加工方法、構造に究極を求める手法も可能だが、二番煎じになってしまう

よって、ブランド力を高めた腕時計メーカーがこぞって向かうのが”超複雑時計に比較して簡単に製造でき、利益率が高い”「貴金属」「宝石」系腕時計であり、今はまだ宝石入り腕時計について多くの人が否定的ではあるものの、あと数年もたてば(貴金属系腕時計が高い評価を得るようになった流れと同様)宝石入り腕時計が非常に高く評価される時が来るだろうとも考えていて、今は宝石入り腕時計を「キャバクラ通いをするオッサンが身につけるもの」と断じて切り捨てている若者も、少し後にはロレックスの正規店に列をなして「ダイヤ入りデイトジャスト入ってないですかね」とスタッフを問い詰めることになるのかもしれません。

オーデマピゲも宝飾系ラインアップを大幅拡充

そこで今回取り上げたいのがオーデマピゲの新作腕時計、ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー(Ref. 26598BC.ZZ.1220BC.01)。

これは見ての通りベゼルにずらりとダイヤが並べられたモデルですが、おそらく今後オーデマピゲの人気モデルはステンレス製ではなく、こういった貴金属+宝石モデルに推移するんじゃないかと予想しているわけですね。

スーパーコピー 代引き

このモデルのケース18金ホワイトゴールドで、これにブラシ加工と面取りを行っており、ベゼルには32個のバゲットカットダイヤモンドが並びます。

搭載されるムーブメントはパーペチュアルカレンダーを備えるキャリバー5134。

なお、現在の腕時計業界における文字盤カラーの流行はブルーを経てグリーン(派生でカーキ)、そしてベイビーブルーもしくはアイスブルーとなっていますが、そんな中でオーデマピゲは「そこまで強く流行を意識せず」比較的独自路線を歩むブランドでもあります(逆に流行に敏感なのはオメガ、そしてブライトリング)。

そして「流行に乗る」よりは「流行を創り出す」ことに重点を置いているためか新しい試みも多く、カラー面だと「パープル推し」もそのひとつですね。

そしてこちらの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ(Ref. 26393OR.OO.A002KB.02)」もやっぱりパープル。

ロイヤル オーク フライング トゥールビヨン エクストラ シン (RD#3) “50周年記念”(Ref. 26660ST.OO.1356ST.01)もやっぱりパープルです。

ただし流行は「レインボー」へ

そしてぼくが予想するのは「宝飾腕時計は今後、レインボーへ向かうだろう」ということ。

最近はダイヤモンドへの着色技術の向上によって容易に(思い通りの)カラーを再現できるようになったと言われますが、そういった背景もあって腕時計業界ではレインボー仕様が急増中で、特にウブロにはその傾向が顕著です。

スーパーコピー 代引き

もちろんオーデマピゲもこれに追随。

パテック フィリップもレインボーモデルを投入していますね。

アップルウォッチをオーデマピゲ、ウブロ、パテック フィリップ風に見せるケースをリリースしているゴールデンコンセプトからもゴールデンパヴェ仕様が登場しています。

ぼく自身は宝飾系腕時計に(今のところ)興味はないものの、しかしこういった腕時計を身につける気分を味わってみたく、ネタ半分で購入してみようと考えることもあるのですが、まだまだ(宝飾系腕時計の)セカンダリーマーケットが成熟していないために売却時には大幅に(一部モデルを除いて)損をすることになるため、なかなか手を出せずにいます。

参照:Audemars-Piguet

フロッグマン30周年記念モデルとして「ヤドクガエル仕様のアナログFROGMAN」登場!
by THE SPYMAKER  

フロッグマン30周年記念モデルとして「ヤドクガエル仕様のアナログFROGMAN」登場!人を死に至らしめるほどの毒性を持つ美しきカエルがモチーフに。

スーパーコピー 代引き

フランクミュラー 時計 スーパーコピー代引きベゼルにはリシャールミル風の積層切削カーボンファイバー

製造工程上、1本1本の柄が異なるらしい

さて、G-SHOCKは今年で40周年を迎えますが、2023年にはフロッグマン(FROGMAN)の30周年を迎えることになり、そこで発売されるのが記念モデルの「GWF-A1000APF(137,500円)」。

発売は12月となっていますが、現時点ではG-SHOCK公式サイト、オンラインストアへの掲載が行われておらず、よって購入を考えるならば毎日公式サイトをチェックするしかなさそうです。

ベースモデルはGWF-A1000つまりアナログフロッグマンで、そのデザインモチーフは「ヤドクガエル」だといい、スケルトンベゼルやレッド/ブルーのアクセントが大きな特徴となっています。

ヤドクガエルとはなんぞや

なお、このヤドクガエルは中南米に生息する、人を死に至らしめるレベルの強い毒性を持つカエルを指し、透明感があったりメタリックな質感があったりと様々なカラーバリエーションを持つとされています。※矢に毒を塗って獲物を仕留めるためにその毒を使用することからこの名がついている

ぼくの愛読書である「半島を出よ(村上龍:著)」に重要なモチーフとして登場するのですが、なぜかこのヤドクガエルは生息地から別の地へ移すと毒性を失ってしまうそうで、毒を生成するための何らかの要素が現地にあるのだと考えられています(食料とするアリや、そのアリの食物、はたまた別の要素ではないかとも言われる)。

そしてなぜ「住処を離れると毒性を失うヤドクガエル」が小説のモチーフになっているかというと、この小説は「北朝鮮の特殊部隊が、祖国を離れて日本を占拠する話」であり、祖国を後にした北朝鮮の兵士に対するメタファーもしくは対比(あるいはその両方)としてこのヤドクガエルが用いられているわけですね。

スーパーコピー 代引き

30周年記念限定フロッグマン、GWF-A1000APFはこんな仕様を持っている

そこでこの30周年記念限定フロッグマン、GWF-A1000APF-1AJRについて見てみると、ベゼルはヤドクガエルの皮膚をモチーフにしたと思われる透明素材、そしその下には、やはりヤドクガエルモチーフのオレンジ、ブラック、ブルーという極彩色。

これらカラーは(リシャール ミルに採用されているような)マルチカラーカーボンにて成形されており、おそらくは積層したカーボンをスライスして製造されているのだと思われますが、そのため「腕時計ひとつひとつで、模様が異なる」のだそう。

3Dインデックスもレッド、秒針もレッド、そして時針と分針にはブルーを採用し、カレンダーやスモールダイヤルにもレッドやブルーが使用されていることがわかります。

なお、バンドはブラックに斑点がプリントされ、これもヤドクガエルがモチーフなのだと思われますが、裏蓋のカエルの刻印もヤドクガエルバージョンだとアナウンスされています。

スーパーコピー 代引き

参照:G-SHOCK

ベル&ロス(Bell & Ross)が最新作にして上位モデル「BR-X5」発表!
by YUNKEL  

ベル&ロス(Bell & Ross)が最新作にして上位モデル「BR-X5」発表!マルチコンポーネントケース採用、同社初のCOSCムーブを搭載。「アイスブルー」はなかなか格好いいぞ。

スーパーコピー 代引き

ベル&ロス スーパーコピー 代金引換はこれで念願のアッパーマーケットへと進出できるかもしれない。

このアイスブルーはおそらくかなりの人気が出るだろう

さて、ぼくにとって購入頻度が非常に高い腕時計ブランドの一つが「ベル&ロス(Bell & Ross)」。

自社で生産設備を持たないファッションウォッチ的なポジションだと捉えられがちですが、現在では自社での生産設備を保有しており、しっかりした実用時計を製造する傍ら、シャネルからの資本注入もあって急激にそのオシャレさを高めています。

そんなベル&ロスですが、メタルブレスレットを持つアーバンモデル「BR05」が非常に高く評価されていて、今回はその次世代モデルとして「BR-X5」シリーズを12月末に発売すると発表。

なお、BR 05はそれまでのベル&ロスの腕時計とは異なってミリタリーのミの字もない腕時計であり、しかしベル&ロスの世界観をしっかり受け継いでいることが大きな特徴で、それによって同社にとっての新境地を切り開いたシリーズだと認識しています(ベル&ロスにとっては久々のヒットでもあり、アートライン、GMT、クロノグラフなど、順調にラインアップを拡大中)。

ベル&ロスBR-X5はこんな腕時計

そこでベル&ロスの新作、BR-X5を見てみたいと思いますが、これは「BR 05の最高グレード」という位置付けで、ベル&ロスが好んで次世代モデルに与える「X」という文字が付与された意欲作。

スーパーコピー 代引き

デザイン的にはBR 05 に非常に近く、しかしダイヤルには3時位置には拡大された日付表示窓があり、9時位置にはパワーリザーブ表示も見られます。

「最高グレード」だけあって価格帯はBR 05に比較して数段高く、ベル&ロスにとっては悲願のアッパーマーケット進出の足がかりを作ってくれるシリーズとなるかもしれません。

自社製ムーブメントBR-CAL.323.(世界指折りのムーブメント製造メーカー、ケニッシ社との共同開発)を搭載しており、ケースサイズは41ミリ、素材はステンレススティール。

最近のベル&ロスらしくしっかりと面が出ており、ケースとブレスレット、ブレスレットのコマとコマとの繋がりも申し分なく、面取り加工も寸分の狂いがなくなされていて、ベゼル表面のビスの向きもちゃんと揃っています。

風防はもちろんサファイアクリスタル、防水性能は100メートルを誇ります。

ムーブメントは上述の通りケニッシ社との共同開発で、ベル&ロスとしてははじめてスイス公認クロノメーター検定機関(COSC)を受けており、ケースそしてムーブメントには5年保証が付帯されていて、同社の自信のほどが伺えますね。

そしてBR 05との最大の相違はこの「マルチコンポーネント構造」を採用するケースで、これは複数コンポーネントを、ベル&ロスのシグニチャーでもある4本のビスによって堅牢に固定したもの。

ベゼルとケースとの間のパッキンはそれぞれの文字盤のカラーとマッチしており、つまりブラック文字盤にはブラックのパッキン、そしてアイスブルー文字盤にはブルーのパッキンが採用されます。

ベル&ロス BR-X5「アイスブルー」がカッコいい

今回発表されたバリエーションは4つあり、こちらはブラックダイヤルにステンレススティールベルトという組み合わせの「BRX5R-BL-ST/SST(924,000円)」。

スーパーコピー 代引き

ラバーベルト版の「BRX5R-BL-ST/SRB(858,000円)」。

かなり人気が出そうなアイスブルーダイヤル+ステンレススティールベルト、BR-X5 ICE BLUE STEEL(924,000円)。

こちらはラバーベルト版の「BR-X5 ICE BLUE STEEL(858,000円)。

このアイスブルーは現在(ベイビーブルーとともに)グリーンの次に流行色と目されており、腕時計業界が最も注目するカラーの一つ(もちろん火付け役はロレックス・デイトナ”アイスブルー”)。

ベル&ロスは「フランス空軍モデル」最新作も発表

スーパーコピー 代引き

そしてベル&ロスは2021年にパートナーシップ契約を結んだフランス空軍との最新コラボモデル「BR 03 TYPE A PATROUILLE DE FRANCE(パトルイユ・ド・フランス)」を発表。

限定本数は100本となっており、価格は480,000円に設定されています。

参照:Bell & Ross